本橋眼科クリニック

船橋駅より徒歩3分の本橋眼科クリニックでは充実した設備で安心の日帰り白内障手術が可能です。

白内障の種類

老人性白内障イメージ

老人性白内障

老人性白内障は、一種の老化現象です。人の水晶体は加齢とともにアミノ酸のひとつのトリプトファンの代謝産物が蓄積し褐色の傾向を帯び混濁します。 進行すると、褐色白内障、黒色白内障となり最終的には水晶体自身が融解して緑内障発作を起こすことがあります。 このような状態になると視力回復困難となります。

糖尿病白内障イメージ

糖尿病性白内障

眼内を循環する前房水の中の糖が多くなるとその代謝産物であるソルビトールが水晶体内に蓄積します。 ソルビトールは水晶体内に水を引き入れることで、水晶体の代謝そのものが変化して水晶体が混濁します。 糖尿病は、自覚症状もあまりなく放置しがちですが、内科検診眼科検診を定期的に受けるようにしましょう。

アトピー性白内障イメージ

アトピー性白内障

アトピー性皮膚炎の眼合併症としては、網膜剥離と白内障が有名です。 併発するアレルギー性結膜炎のためいつもかゆみがあり眼をこするので、繰り返し目に衝撃を与えることによって白内障が発生するともいわれています。 また、アトピーの人は、網膜剥離になる可能性もあります。 眼科での定期検査をお勧めします。

船橋 本橋眼科クリニックでの手術

本橋眼科クリニックでは、即日帰宅し家でゆっくりと休むことができる、日帰り手術を実施しています。 ただし、両眼を手術する場合は、1日で行うことはなく、通常片眼を手術した後、3日から1週間程度の期間をあけます。 なお、当医院の手術は現在までに10,000例以上の執刀経験をもつ本橋院長と手術協力医の市川医師と小島医師が執刀いたします。

手術イメージ

入念な検査 (clickで開閉)

本橋眼科クリニックでは、手術の前には、入念な検査を行っております。 手術をお受けになる患者さんには、手術前に、視力検査、眼軸長検査(超音波検査)、角膜曲率半径検査、眼底検査、細隙灯顕微鏡検査、涙道通過検査、網膜電位図(電気生理学的検査)、角膜内皮細胞数検査、眼圧検査、網膜黄斑機能検査(ビゾメーター)等をおこなっております。 なお、患者さんが良好な視力を得るため、眼軸長と角膜曲率半径の測定は1/100mmの単位まで日を変えて2回以上行っております。

検査モニターイメージ

無痛手術 (clickで開閉)

麻酔は点眼麻酔とテノン嚢麻酔を併用していますので、痛みはありません。 また術後帰宅したあともほとんど痛みはありません。執刀時間は、手術方法に改良を重ねた結果、現在では約10分と非常に短時間で終了することができます。 (ただし、白内障の場合、緑内障等を伴う場合等は、多少時間がかかります。)安心して白内障の日帰り手術を受けていただくことが可能です。

熟年夫婦イメージ
片眼手術費用
国民健康保険、社会保険 3割負担 約5万円
老人保険 2割負担 約3万円
老人保険 1割負担 約1万5千円

※すべての診療行為は保険診療適応で行っております。

船橋 本橋眼科クリニック

千葉県船橋市本町 2-1 スクエア21 B1F
電話番号:047-420-2001
FAX番号:047-420-2002

Copyright © 2016 · 船橋 本橋眼科クリニック
All Rights Reserved

日本眼科学会

PAGE TOP